ふくしま集団疎開裁判

福島県郡山市の小中学生14人とその両親たちが起こした「子供の安全な場所での教育を求める「ふくしま集団疎開裁判」は現在、仙台高等裁判所で第二審係属中である。一方、弁護団らは世界中の世論を高めるため世界市民法廷を一般市民が陪審員として評決を下す場として設置した。そこには、現裁判の速報、原告側の証拠、審議の概要等が詳しく記載されている。一人でも多くの方々の評決をお願いしたい。▼一人の母親の声 今すぐ世界市民法廷の評決を!こちらから⇒ (動画の下)
TomoAmici は、このBlog のイタリア語版開設に協力した。