アスティ市で 「Sun 猿」

アスティ―アルフィエーリ研究所主催の夏季ゼミナールの最終日にカルラ・フォルノ教授の尽力により、朋・アミーチ企画制作の「サン猿が紹介された。セミナーの受講生である朋会員の大西知美は、レイニでの「サン猿に、聴こうの部では、福島から子供と疎開した母親の手記、「福島原発事故告訴団」の告訴声明のイタリア語翻訳テキストを加え、そして、、、?の部分でも、大阪日伊学院翻訳によるイタリア語の「花は咲く」、つながるCom の紹介が追加された。この結果、日本の現状をイタリア人により正確に伝え、訴えることに成功した。レイニと同様、参加者の心を温めたイタリアの子供たちからのメッセージ で「サン猿」を終了した。
▼朋・アミーチそして、、、?〉としての提案:
《フクシマ≫ のページ内、最初の三つの記事を参照    
アスティのチラシ              Pagina in italiano ⇒