核兵器禁止条約への締結に向けて

トリノ-2017年11月29日
朋・アミーチは2016年に開催した広島長崎原爆写真展をきっかけに、世界平和のためには全面的な核兵器禁止条約が必要であることを切実に感じる。原爆写真展の開催を可能にした広島の平和首長会議の呼びかけに従って、朋・アミーチも核兵器禁止条約締結への請願書の署名活動に参加した。2017年1月にもトリノの郊外の町カザルボルゴーネのホロコースト犠牲者を想起する週間に同じ写真展を開催。
一方、2017年5月にトリノ市を州都とするピエモンテ州の市民団体、平和団体、トリノ市、ピエモンテ州などの地方自治体等70団体が「核兵器とすべての戦争とテロリズムに反対する連絡会議」を結成。

2017年7月7日、国連は、今年3月から進められていた話し合いの結果「核兵器禁止条約」を122国の賛成で採択した。話し合いに参加した国は124ヶ国、国連加盟国のうち三分の二が参加し採択した条約である。しかし米、露、中、英、仏やインド、パキスタン、イスラエルなどの核保有国は話し合いにも採択決議にも参加しなかった。1963年に採択、1970年に発効となった核兵器拡散防止条約では、核保有国でもあり国連の常任理事国でもある米、露、中、英、仏の核保有は容認し、それ以外の国の核保有を禁じている。しかし、核兵器による人類滅亡の危機から逃れるためには、核兵器全廃しか手段はなく、核兵器拡散防止条約は核兵器全廃への動きには繋がらないどころか、逆に危機を増大する結果を招いた。イタリアは北大西洋条約の加盟国。同盟国のアメリカ、フランス、イギリスと全く同じ行動をとる。日本は唯一の被爆国であるにもかかわらず、イタリアと同様にこの条約へのボイコットを続けた。
   

      7月7日の「核兵器禁止条約」採択後、この平和への連絡会議は「イタリアよ、考え直せ! 国連採択の核兵器禁止条約に調印せよ!」をスローガンに呼びかけ運動を始めた。このスローガンが書かれた垂れ幕がトリノ市庁舎の表玄関に掲げられる。
朋・アミーチは、この会議の結成時からの団体の一つ、ヒューマン・ハウスが毎年行っている「広島長崎の原爆犠牲者の追悼の夕べ」に初めて参加し、会長の和田千重が原爆鎮魂歌「あの風の記憶」を独唱。原爆禁止条約採択後の「被団協」の声明をイタリア語に翻訳し、読み上げた。それがきっかけで連絡会議にも加わることになり、それ以後の連絡会議企画のイヴェントには必ず参加することになる。
      
      
核兵器の全面的廃絶のための国際デーである9月26日には、トリノ市の宮城広場で「イタリアよ、国連の核兵器禁止条約に調印せよ!」をスローガンにプレシーディオを企画。代表グループがトリノ県庁にスローガンと同様の内容の要請書を届けた。
10月6日に2017年ノーベル平和賞が「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に決まったと発表される。このニュースは連絡会議のメンバー全員の士気高揚に役立った。
      
翌月の29日には、イタリア・ICANの代表であるフランチェスコ・ヴィニャルカ氏を招いて講演会が企画開催された。連絡会議の加盟団体であるトリノ市の庁舎のサラ・デッレ・コロンネで、副知事が議長として開催された。ICANの活動が説明され、核兵器禁止条約の発効がいかに大切であるかが強調された。また、この連絡会議のメンバーでもあり、ICANの加盟団体でもある国際創価学会のイタリア支部センツァ・アトミカが《非核武装のための展示会》を来年トリノ市で開催する予定であることが発表された。この連絡会議は、その成功に向けての支援を惜しまないことを確認した。朋・アミーチもその方針である。