日本文化祭「クオーレ・レヴァンテ」

ピネローロ市 – 2018年4月15日

クオーレ・レヴァンテ(高揚する心)と題される日本文化祭が4月15日、ピネローロ市で開催された。ソーレ・レヴァンテ(日が昇るの意味)とはイタリア語で日本を示す言葉の一つ。「太陽」を「心」に置き替えた名称。
      
この祭典は、ダニーロ・ファンファーノ氏夫妻が中心になって企画された。朋・アミーチはファンファーノ氏の盆栽の師であるパオロ・ジャイ氏の要請で協力することになり、ヤマト・オもこの祭典に参加した。盆栽、書道、折り紙、掛物 などの展示が並び、トリノ市内の和食レストラン「雅(みやび)」も出張営業。
      
      
パーフォマンスとしては、ヤマト・オのコンサートの他、書道、着物の着付け、柔道、居合道の演武などが披露された。
初めに予定されていた3月18日が天候不順のため延期を余儀なくされたイヴェントであったが、大勢の人々が参加して盛会のうちに終わった。