イタリアの盆栽

トリノ-10月15日              Pagina in italiano ⇒
朋・アミーチは盆栽作家のパオロ・ジャイさんのお宅にお邪魔し、日本文化の代表の一つである盆栽について色々教えて頂いた。イタリア人から、盆栽についての教えを乞う?
h押し** * * * * * * * **写真上をクリックすると拡大します。
                      
ヨーロッパにおいて最も盆栽文化が普及した国は何とイタリア!中国から盆景が日本に入ってきたのは平安時代。その後、鎌倉時代に武士階級や僧侶たちの間で広く普及した。当時の社会の文化的な主勢力で育まれた結果、禅的な宗教観との強い結びつきが生まれ、盆栽は日本独自の文化へと発展を遂げた。江戸時代には庶民階級にも広まる。そして、日本からヨーロッパに盆栽文化が伝わったのは1970年頃。従って欧米では「ボンサイ」と言う言葉が使われる。ジャイさんは、30年前、ジェノヴァで見た盆栽展示会がきっかけでこの道に嵌った。
                    日本の
盆栽に心酔していると言うパオロ・ジャイさんは、中国の盆景と日本の盆栽の違いについて説明してくれた。中国の盆景は「付け加え」であり、日本の盆栽は「切り捨て」であると。
                    この比較は、文化一般に当てはまる論理かも知れない。中国から導入された文化も、それが一旦日本に入ると別の様相を示し始める。盆栽と密接な関係にある焼物文化についても同様。日本の墨絵の特徴は余白にあり、中国墨絵には空白はない。漢字から仮名が生まれ、伎楽や散楽が日本に入ると雅楽や能に変って行った。中華料理と日本料理を比較しても同じことが言える。一般の欧米人は盆栽=ミニアチュア、つまり繊細ではあるが細部に拘り、小さな枠に閉じこもった日本人の持つ世界観の象徴として盆栽を持ち出す。ところが、ジャイさんは「小さな鉢へ壮大な大自然をそのまま移し込むことを可能にするのが盆栽である」と全く逆の捉え方をする。私たち全くの素人に盆栽を育てる際の手入れを段階を追って説明してくれた。
また樹木の種類によって鉢が選択される。伝統が教えてくれる一応の決まりはあるそうだが、鉢と樹木の組み合わせも盆栽作家の感性に左右される。
同行したイタリア人陶芸家ファビオ・チャンカリーニ氏と一緒にジャイさんの盆栽前の植え木、盆栽、下草 などを野外で見た後、室内へ。数人のその日の受講者たちはそれぞれ自分の作品を相手に作業中であった。弟子全員を一度に集めてのレッスンは不可能なので、5~6人ずつに分けて指導するとのこと。
                    その日のテーマは「飾り」。テーブルを床の間と見立てた、飾りつけの説明に私たちも耳を傾けた。使われたのは、盆栽ではなく秋の草々による「下草」。
置物を変える事により、部屋の片隅が雄大な自然の風景として湖のほとりから山奥のそれに一変する。床の間に湖や山全体を持ち込む日本的感性の雄大さ。この新しい発見に導いてくれたパオロ・ジャイさんに感謝しつつ、秋の一日は終わった。
                    

Comments are closed.