七年後の福島

トリノー2018年3月10日       Per pagina italiano
イヴェント「7年後のフクシマ」が、トリノ市内で《イナリ》と東アジア研究所《CeSAO》の共同企画により開かれました。ゲストは、2011年3月から2016年まで日本滞在のジャーナリスト、アレッシア・チェラントラさんと毎年、福島の子供たちを環境も食料も汚染されていないイタリアの地に夏季滞在させる活動しているヴォランティア団体《オルト・デイ・ソーニ》の田中基子さん。
福島原発事故7周年にあたり、福島集団告訴団の団長武藤類子さんからの海外に向けてのメッセージが朋・アミーチによってイタリア語に翻訳され、その一部が朗読されました。
会場には、夏目漱石、阿部公房、村上春樹の作品のイタリア語翻訳者として有名なアントニエッタ・パストーレさんの姿も見られました。パストレーㇾさんの小説「わが愛するゆり子」は広島の被爆者が主人公。福島原発事故の被災者と被爆者の苦しみを共通のものとして捉えている様でした。
オルト・デイ・ソーニの田中さんによると、福島の子供たちのイタリア保養を実現する活動よりも、希望する子供たちを集めることの方が難しいとのこと。福島の子供たちに保養が必要であるという前提を認めない学校の方が多いそうです。ウクライナやベラルーシでは、子供の夏季期間の保養が組織的に現在でも行われています。日本では、まだ事故から8年も経っていないのに、旧ソ連に比べて狭い国土にも拘らず、福島原発事故は遠い昔に終結したと見せかけようと躍起です。そういう厳しい状況にあって、イタリア人や日本人の若者によってオルト・デイ・ソーニのヴォランティア活動は支えられています。イナリでのイヴェントでは、着物や羽織の販売やカンパ活動が行われました。

尚、武藤類子さんのメッセージは日本語原文、イタリア語訳とも《朋の思い》のページに掲載されています。(武藤さんの2018年3.11メッセージの全文はこちらから⇒