写真集「未来へ」の贈呈式

トリノ県・リヴァルタ町ー9月28日
朋・アミーチも参加している「ピエモンテ州核兵器と全ての戦争とテロリズムに反対する市民、団体、地方公共機関の連絡会議」の加盟団体トリノ県リヴァルタ町の図書館へ渋谷秀夫写真集「未来へ」が寄贈されたが、核兵器廃絶国際デーに合わせてその贈呈式と核兵器、戦争反対のイヴェントが9月28日、シルヴァーノ・グリマルディ図書館で開催された。リヴァルタ町町長助役のニコレッタ・チェッラートさんの挨拶から始まり、朋・アミーチ制作による新たなヴィデオ「日本の第二次世界大戦、前、中、後」の上映と続いた。渋谷氏の「イタリアの読者の皆さんへ(伊語)」が朗読された後、第二次世界大戦から核兵器へと焦点が移った。広島の原爆投下に関するヴィデオの上映、2016年12月のルイジ・モスカ教授の講演内容を短縮、更新したヴィデオ”人類滅亡の危機から逃れる方法”を上映して、核兵器の問題がイタリアとは無関係でないことをアピールした。また、10月3日にトリノ市で予定されている上記の連絡会主催「核兵器のないヨーロッパは、実現可能な夢」に参加するよう呼びかけた。最後に8月6日広島平和公園で行われた「 アオギリ平和コンサート」で歌われた3曲が、ヤマト・オのメンバー二人によって演奏された。