日伊の架橋 – 朋・アミーチ

注目

朋・アミーチからのお知らせ     

トリノ 2020年6月20日
このサイトのYoutubeのページにキアーラ・コンタトーレさんの「土で遊びましょう」のページを加えました。ここでは、絶滅の危険にさらされている世界の動物たちが主人公です。イタリア語での解説ですが、追って日本語の説明を付け加える予定です。しばらくお待ちください。

 福島 2020年3月
福島原発事故の責任を追及する告訴団団長の武藤類子さんが、原発事故9周年に際し、世界に向けて次のメッセージを発しました。原文、イタリア語翻訳版とも、本サイトの「3.11被災地」のページに掲載されています。
原文はこちらからもお読みになれます。
《世界の皆さんへ》

トリノ 2月29日~3月8日
第二回平和と非暴力のための国際行進への賛同の表明として、2月29日20時~翌朝3月1日6時までトリノ市の象徴であるモーレ・アントネリアーナがライトアップされました。
詳細はこちらから⇒
・・・・・・・・・・・・・・・・

東京-2019年10月9日
2011年3月の福島第一原発事故後、福島の住民など被害者たちが福島原発事故の責任者を糾す告訴・告発状を2012年6月に初めて検察当局に提出、全員不起訴処分となる。その後、審議申し立てと不起訴の繰り返し末、遂に2016年2月勝俣恒久東京電力 元会長勝俣恒久、及び元副社長の武藤栄と武黒一郎の三人が東京地検にて業務上過失致死傷罪で起訴される。2017年6月から2019年3月まで37回にわたる公判の末、去る9月19日の判決公判で旧経営陣三人に全員無罪 。
東電刑事裁判 ・被害者代理人 刑事訴訟支援団 弁護団代表の一人海渡雄一弁護士の「福島原発事故地裁判決批判」はこちらから読めます。7月10日に公開された短編映画はこちらから⇒「東電刑事裁判 動かぬ証拠と原発事故」
福島原発事故の裁判に関しては、NHKのこのサイトで全ての公判の模様が細かく報告されています。NHK NEWS WEB 《詳報 東電刑事裁判》
短編映画「東電刑事裁判 動かぬ証拠と原発事故」
判決後作成の短編映画 「東電刑事裁判・不当判決」

10月3日トリノ市にて開催「核兵器のないヨーロッパ
は実現可能な夢」
朋・アミーチも参加しているピエモンテ州・核兵器、全ての戦争とテロリズムに反対するする市民、各種団体及び地方公共団体の連絡会議が今年の春から企画準備してきた講演会「核兵器のないヨーロッパは実現可能な夢」が、トリノ大学エイナウディ・キャンパスで開催された。詳細はこちらから⇒

朋・アミーチも参加している「ピエモンテ州核兵器と全ての戦争とテロリズムに反対する市民、団体、地方公共機関の連絡会議」の加盟団体トリノ県リヴァルタ町の図書館へ渋谷秀夫写真集「未来へ」が今年春に寄贈された。核兵器廃絶国際デーに合わせてその贈呈式と核兵器、戦争反対のイヴェントが9月28日に行われた。
詳細はこちらから⇒

 トリノー5月 ~ピエトラ・リグレー8月
       福島の子供たち支援のための合気道   

広島-2019年8月6日
アオギリ平和コンサート」出演と「8・6 ヒロシマ平和の夕べ2019」参加報告

映画「太陽の蓋」イタリアで一連の上映会

  3月11日~27日に 予定されていた一連の上映会は、2月23日に出たピエモンテ州とマルケ州のCOVID-19対策の州条令 によって不可能となりました。
今年の秋に延期する方針です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2016年日本で初上映された佐藤太監督の映画「太陽の蓋」が3月11日トリノ市での上映会を皮切りに、トリノ近郊都市、マルケ地方  、ペルージャ等で上映される。
このイタリア語字幕付きの90分短縮版(原作130分)は、アフタートークの時間を取るため。昨年の11月に開催されたイタリア初上映会と同様、全ての討論会には製作者の橘民義氏が出席する。 福島原発事故は、遠い日本で起こった過去の出来事ではない。討論会を含めたこれらの上映会は、事態の重大さをイタリア人にも認識してもらうための良い機会になる筈である。 

国際平和大行進

 2019年10月2日国際非暴力デーにマダオリードを出発し、3月8日国際女性の日に再びマドリードに戻る平和と非暴力のための2平和行進は、3月2日にトリノ到着予定でした。「核兵器と全ての戦争とテロリズムに反対する連絡会議」は三日間に渡るイヴェントを計画しました。朋・アミーチは、この企画に積極的に参加し、行進団の代表のトリノ市到着に合わせ、2月29日から3月2日までの三日間トリノ大都市圏各地でのイヴェントを計画し準備を進めていました。しかし、2月23日にピエモンテ州のCOVID-19緊急対策条例が発令されたため、殆どのイヴェントは中止せざるを得なくなりました。生き残ったのはトリノ市庁舎の正面の垂れ幕と、モーレ・アントネリアーナの照明です。土曜日の夜トリノのシンボルはクリーム色の光で照らされます。
2月29日20時~3月1日6時まで